2通りの賃料削減法

わが国ではまだまだ、「賃料は下げることができないもの」という認識があります。
しかし、会社の経費削減を考えるのであれば、固定費である賃料から目を背けることはできません。
また人件費や仕入れコストと比べると、賃料は比較的削りやすい部門でもあります。

そして賃料削減には、大きく分けて2種類の方法があります。
オフィス移転をベースにした賃料削減と、交渉をベースにした賃料削減です。

まずオフィス移転をベースに賃料削減をしていく場合、現テナントよりも賃料の安いテナントに引っ越しをすることによって、毎月かかる賃料を少なくしていきます。

これに対して交渉をベースに賃料削減をしていく場合、現在のテナントのオーナー様やビルの管理会社との間で交渉をして毎月の賃料を安くしてもらうことによって、経費を削減していきます。

移転ベースで賃料削減を考える場合には移転に伴ってかなりのコストが生じてきますが、交渉ベースで賃料削減を考える場合には、引っ越し費用や原状回復費用等が一切かからないため、リスクを負うことなく経費の削減をすることができます。

現在会社の経費削減をご検討中の方は、交渉による賃料減額も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

TITLE