賃料削減サービスについて

賃料削減とは

オフィス・店舗・工場・倉庫などあらゆる不動産の賃料を
法的に認められた正当な権利(借地借家法第32条)を行使し
市場調査に基づいた適正な金額に見直すコンサルティングサービスです。

建物の借賃が,土地若しくは建物に対する租税その他の負担の増減により,土地若しくは建物の価格の上昇若しくは低下その他の経済事情の変動により,又は近傍同種の建物の借賃に比較して不相当となったときは,契約の条件にかかわらず,当事者は,将来に向かって建物借賃の額の増減を請求することができる。

借地借家法第32条 借賃増減請求権 第一項

無理に減額するのではなく賃料の適正化を目指す

賃料が割高なままであるのは貸主・借主の双方にとっても健全なことではありません。
レントプロでは貸主、借主の経営を不当に圧迫しないように賃料を適正化することを目指しています。
無理な減額を要求しないため、成功率が高く貸主とのトラブルを回避することが可能です。

無理な減額を迫らないため

・貸主とのトラブルになりにくい

・減額交渉の成功率が高い

レントプロに依頼するメリット

4つのポイント

無料診断

ご契約物件の現在の賃料が適正か削減見込みがあるかを無料でお調べします。

成果報酬

賃料削減に成功した場合のみお手数料が発生いたしますので安心してご利用いただけます。

高い成功率

蓄積された物件データの活用や経験に裏打ちされた対応力により高い成功率を誇ります。

トラブル回避

オーナー様との関係を第一とし不要なトラブルを回避いたします。無理な要望・進め方は一切いたしません。

自社取組との違い

賃料の減額・適正化交渉は自社でも行うことは可能ですが、
豊富な経験や減額実績を持つコンサルティングサービスを利用することで
成功率を高め、トラブルのリスクを最小化することができます。

  自社取組 レントプロによるコンサルティング
減額効果 準備して臨むことで減額の可能性あり 綿密な調査や事前準備により期待できる範囲で最大の成果を得やすい。
投下コスト 交渉の成否に関わらず社員のマンパワーを投入する必要あり。 成果報酬制なので不要なコストを事前投入する必要がない。
トラブルリスク 不慣れな交渉により貸主様との関係悪化の可能性も。 市場調査に基づき、無理な要望・進め方をしないためトラブルや関係悪化を最大限回避。
対応スピード 不慣れな準備・交渉により長期化しやすい 豊富な経験に裏打ちされた最適なフローによりスピード感がある。

レントプロは
高い成功率
トラブル回避

リスクを最小化しながら賃料減額のメリットを受けられる

サービスについて具体的に知りたい方はこちら

サービスの流れ

サービスについて疑問や不安がある方はこちら

よくある質問