STEP1 適正賃料を丁寧に算出

「相場額」とはあいまいなもの。周辺相場、築年数、建物の状況や契約内容、周辺市場の近年推移などを詳しく分析することで、「御社のオフィス・店舗」の具体的な適正賃料を丁寧に診断します。

STEP2 トラブルとは無縁の進め方

闇雲な削減交渉は結果に結びつかないばかりか、オーナー様との関係悪化に繋がります。 不動産のプロである不動産鑑定士、公認会計士、弁護士などの専門家と連携することで、トラブルのないようサポートします。

信頼できる結果

賃料診断・削減交渉に長年携わってきたプロフェッショナル集団だからこそ、蓄積された知識・ノウハウを以て信頼できる結果へと導きます。

レントプロが選ばれる理由

私たちはこれまで、多くの物件やそのオーナー様と向き合い、賃料削減のサポートに携わってきました。その幅は、オフィスや店舗だけに限らず、書店、研修センター、コールセンター、倉庫や工場、病院など多岐に渡ります。むやみやたらな要望ではなく、きちんと各物件の「適正な賃料」を調査し、丁寧に資料をまとめたうえでオーナー様にお話を持っていくため、毎回オーナー様にもご納得の上で減額いただくことができます。ご相談や調査はすべて無料、作業もほぼお任せいただいておりますので、ご用意いただくものもほとんどありません。成果が出た場合のみ、成功報酬をいただいております。

「適性化」と「無理な交渉」との違い

物件には、築年数や立地、物件の契約内容、周囲の物件の家賃相場などにより「適正な賃料」があります。私たちは、依頼いただいた物件の賃料がこの「適正な賃料」よりも高い場合に、オーナー様へ打診を行います。「適正な賃料」よりも低い賃料に無理やり下げるような要望をして、オーナー様との関係が悪化させてしまうようなことは一切致しません。

「賃料削減」が今、注目される理由

事業を行う多くの方にとって、物件の賃料は人件費に次いで額の大きい固定費です。オフィスや事業所、店舗などだけではなく、大きなスペースを必要とする倉庫やカスタマーセンターなどのような場所も含めて考えると、固定費として毎月大きな支出が必要となる費目ゆえに、1年で計算すると、1割削減できただけでも「大きな利益増」に繋がります。利益安定化のため、日々の事業と並行して考えるべきなのが、「賃料」なのです。

入居後の契約期間内でも見直し可能

「家賃って下がらないんじゃないの?」「家賃について相談できるのは新しく借りるときだけだったんじゃないの?」と誤解している方も多いですが、そんなことはありません。 私たちが行うのは、家賃の強引な値引きや、強硬な駆け引きではなく、調査に基づいて精査した「適正な賃料」をオーナー様にご説明し、ご納得いただくものなので、むしろ契約後に行うことがほとんどです。実際に契約条件などを見てみなければ分からないこともございますので、ぜひお気軽にご相談ください。

賃料削減・減額交渉の実際

スライド1スライド1

続きを読む

賃料削減の考え方は大きく2つ

スライド2スライド2

続きを読む

家賃が上がると言われたときの3つの対策

スライド3スライド3

続きを読む

賃料減額交渉をする際の注意点

スライド4スライド4

続きを読む

自社で賃料減額するメリット・デメリット

スライド5スライド5

続きを読む

賃料減額交渉が困難なケース7選

スライド6スライド6

続きを読む

賃料減額会社利用時の注意点

スライド7スライド7

続きを読む

賃料減額コンサル会社の分類

スライド8スライド8

続きを読む

賃料減額コンサル会社の嘘

スライド9スライド9

続きを読む

最近の投稿

PAGE TOP
MENU