居抜物件を活用した出店戦略について

居抜物件を活用した出店戦略について

最近ではカラオケ店舗を展開するシダックスが8月末に44店舗を一斉に閉店するとのニュースが話題を呼びました。 カラオケ業界は20年前と比べれば市場規模は半減しており、決して右肩上がり…
居抜き物件のメリット・デメリット

居抜き物件のメリット・デメリット

「居抜き物件」は本当にお得・・・? 最近は以前にも増して「居抜き物件」に対する注目が集まっています。 総合スーパーの閉店ラッシュを好機に、大手ディスカウントストアが居抜き物件…
カラオケ業界の市場規模と動向を解説

カラオケ業界の市場規模と動向を解説

近年日本人のカラオケ離れが起きていると言われます。最近では業界大手企業の大量閉店が明るみになるなど、市場の縮小を思わせる報道もありました。 カラオケ業界は景気動向に左右されや…
レンタルビデオ(DVD&BD)業界の動向

レンタルビデオ(DVD&BD)業界の動向

スマートフォン・タブレット端末の普及により、誰でもいつでもお気に入りの映画やドラマなどの映像コンテンツを気軽に視聴できる世の中になってきました。通勤電車の中や待ち合わせのちょっと…
継続賃料を求める手法、スライド法について

継続賃料を求める手法、スライド法について

今回は不動産の継続賃料を求める手法の一つであるスライド法について説明したいと思います。継続賃料は、賃貸借契約が継続中において、現行の賃料が何かの理由で不相当となった際に、賃貸人・…
継続賃料を求める手法、利回り法について

継続賃料を求める手法、利回り法について

今回は不動産の継続賃料を求める手法の一つである利回り法について説明したいと思います。 継続賃料は、賃貸借契約が継続中において、現行の賃料が何かの理由で不相当となった際に、賃貸人・…
継続賃料を求める手法、差額配分法について

継続賃料を求める手法、差額配分法について

今回は不動産の継続賃料を求める手法の一つである差額配分法について説明したいと思います。継続賃料は、賃貸借契約が継続中において、現行の賃料が何かの理由で不相当となった際に、賃貸人・…
賃料増減請求権について

賃料増減請求権について

そもそも賃貸人・賃借人の間で合意の上、一度契約した賃料について、減額や増額するということが法的にどのような取り扱いであるのかを確認したいと思います。 まず、借地借家法32条第1項に…
賃料を求める手法、収益分析法について

賃料を求める手法、収益分析法について

今回は不動産の新規賃料を求める手法の一つである収益分析法について説明したいと思います。 これまで説明してきました積算法は、貸し手サイドの投下元本を反映したものであり、賃貸事例比…
賃料を求める手法、賃貸事例比較法について

賃料を求める手法、賃貸事例比較法について

今回は不動産の新規賃料を求める手法の一つである賃貸事例比較法について説明したいと思います。 この手法は、対象となる不動産と類似している不動産の実際の賃貸借事例と比較し賃料を求め…
ヨガスタジオの動向

ヨガスタジオの動向

フィットネス業界の市場規模は平成26年売上高で4,316億円といわれており(「フィットネスビジネス」誌推計)、過去ピークであった平成18年を上回り過去最大規模となったようです。 好況期には…
賃料を求める手法、積算法について

賃料を求める手法、積算法について

今回は不動産の新規賃料を求める手法の一つである積算法について説明したいと思います。 まず最初に対象となる不動産の基礎価格を求めます。基礎価格とは、文字通り基礎となる価格 であり、…
コンビニ跡の物件について

コンビニ跡の物件について

昨今ではコンビニエンスストア店舗の大型化が進んでいます。 特に地方においてコンビニエスストアは、駐車場の広くとれる物件へ 移転することがよく見られます。 一方で、コンビニ跡の物…
平成28年税制改正の影響

平成28年税制改正の影響

平成29年4月に消費税が現行の8%から10%に増税されることになりますが、 その緩和措置の役割をも担う、与党自民党、公明党が策定する平成28年度の税制改正大綱の行方が注目されています。 …
地方のオフィス市況について

地方のオフィス市況について

地方ではリーマンショック以降、長期に亘る賃料低迷が懸念されたため、オフィス投資が十分になされてきませんでした。ビルを新築しても投資回収できないとの認識が不動産デベロッパー側に広ま…
賃貸オフィスの動向

賃貸オフィスの動向

賃貸オフィスの動向は、オフィス仲介各社が毎月発表するデータをみると、空室率や平均賃料はここ数ヶ月のトレンドをみる限り改善されつつあるようです。 東京は一極集中が非難されることが…
販売管理費とコスト削減

販売管理費とコスト削減

店舗展開している企業にとっては、店舗業績の積み重ねが企業全体を支えているだけに、個々の店舗の業績推移は重要です。 売上高が右肩上がりに伸びている時代は、売上高のボリュームがあるこ…
学習塾・予備校業界の動向

学習塾・予備校業界の動向

現在人口の高齢化、少子化が進行する中で、学習塾・予備校の教育ビジネスが構造的に厳しい業種のひとつであることは確かです。 しかしながらこの10年間の学習塾市場規模をみると、増減はある…
介護事業で経費削減を行う際に重要なポイント

介護事業で経費削減を行う際に重要なポイント

レントプロでは昨今、デイサービスやグループホームといった介護事業者様へ経費削減を目的として家賃賃料削減の指導が増えてきております。 介護事業者様にとってコスト削減は重要課題であり…
相続税路線価とオフィス市場の動向

相続税路線価とオフィス市場の動向

2015年7月1日に国税庁より今年1月1日時点の相続税路線価が公表されました。 それによると本年の全国平均路線価は前年より0.4ポイント減で7年連続の下落となりましたが、下げ幅は0.3ポイン…
「家賃が上がる」と言われた時の3つの対策

「家賃が上がる」と言われた時の3つの対策

貸主(大家)より「来月から賃料を上げます」と言われたとき、どう対応しますか? 「仕方がない」と諦めて、貸主からの要求通りの賃料を支払いますか? ビジネスを実施していると中々簡単に同…
地方の事業所の動向について

地方の事業所の動向について

景気回復による業績改善で、企業の資金力は上がっており、昨今ではM&Aが活況となっております。企業の統廃合に伴う、本社機能の統合に加え、重複したエリア内での支店や営業所、出張所を集…
書店業界における賃料削減検討の重要性

書店業界における賃料削減検討の重要性

ネット通販や電子書籍の普及で商環境の変化が目覚ましい書店業界の店舗動向についてお話したいと思います。 民間企業のアルメディアの統計によると、2013年の書店数は14,241店と10年前と比…
賃料増額請求について

賃料増額請求について

昨今の不動産市況の改善を受けて、賃貸人からの増額請求に対する依頼が増えてまいりました。特に首都圏エリアでのオフィスで散見されます。 この「増額請求」は、減額請求と同様に形成権と…
オフィス移転で損をする?

オフィス移転で損をする?

会社の経費を削減するために有効な手段の一つに、賃料削減があります。 そして賃料削減について検討されている方の多くが思いつく手段が、「オフィスの移転」です。 つまり、少しでも賃料が…
オフィス移転を検討する前に家賃を再検討しよう

オフィス移転を検討する前に家賃を再検討しよう

コスト削減のための手法の一つに「オフィス移転」があります。 今支払っている事務所の家賃よりも、安い家賃の事務所へ移転をすれば当然に毎月の家賃負担は減ります。 ただし、オフィスを…
オフィス移転は本当に得?

オフィス移転は本当に得?

会社の利益を上げるためには、売り上げを伸ばすとともに経費の削減も考えなければなりません。 そして経費削減を考えるにあたっては、固定費をいかに安く抑えるかが重要になってきます。 そ…
オフィス選びのポイント~条件編~

オフィス選びのポイント~条件編~

賃料削減のために有効な方法の一つに、オフィスの移転があります。 もちろん現オフィスのオーナーと賃料減額交渉をするというのも有効なのですが、必ず交渉がうまくいくとは限りませんし、近…
オフィス選びのポイント~立地条件編~

オフィス選びのポイント~立地条件編~

会社の経費を削減する方法の一つに、オフィスの移転があります。 少しでも賃料の安いところにオフィスを移転させることによって、賃料削減をし、経費に占める賃料の割合を少なくするのです。 …
オフィス選びの注意点

オフィス選びの注意点

会社の利益を考えるうえで避けて通ることができないのが、経費削減です。 ひとくちに経費といっても様々な種類がありますが、中でも重要な削減ポイントとなるのが、賃料をはじめとする固定費…
こじらせてからでは遅い!!

こじらせてからでは遅い!!

賃料コンサルタントをはじめとする賃料削減交渉を代行する業者のもとを訪れる経営者様の中には、既に自分たちで賃料削減交渉を開始されている方がいらっしゃいます。 自分たちだけで賃料減…
経費削減と賃料減額

経費削減と賃料減額

会社の経費削減を考えた場合、その経費の中でも比較的大きなウエイトを占める賃料を削減できれば、こんなにいいことはありません。 賃料のように毎月確実にかかってくる固定費は、経営者の悩…
意外と知られていない経費削減法

意外と知られていない経費削減法

会社の利益を考えるにあたっては、売上げ等の“入ってくるお金”を増やすことの他に、経費、つまり“出ていくお金”を減らすことについても考えなければなりません。 そして会社の経費を削減する…
契約更新時でなくとも賃料削減交渉は可能!?

契約更新時でなくとも賃料削減交渉は可能!?

不動産物件を借りる際には、必ず賃貸借契約を交わします。 そのため会社経営者様や管理部門の方の中には、「賃料削減のための交渉をするには、一度現在の契約を終わらせて、更新しなければな…
契約更新時をチェックしておこう!!

契約更新時をチェックしておこう!!

通常、事務所やテナントを借りるにあたって締結する賃貸借契約には、「契約期間」というものが設けられています。 2年、3年というように契約期間を区切り、その期間ごとに更新をしていくの…
契約書に賃料改定についての条項がない場合

契約書に賃料改定についての条項がない場合

会社の経費を削減するための方法として有効なものの一つに、「賃料削減」という手法があります。 ほんの数年前までは「借主の側から賃料減額交渉など言い出せるわけがない」といった考え方が…
地価は下がっても賃料は下がっていない?

地価は下がっても賃料は下がっていない?

バブル崩壊以降、地価は当時の半額以下にまで下がってしまいました。 しかし賃料に関しては、テナント料・地代を問わずほとんど値下がりしていません。 「100年に1度の不況」なんて言わ…
賃貸借契約書を確認してみよう!!

賃貸借契約書を確認してみよう!!

会社の経費には大きく分けて2種類のものがあります。 「変動費」と、「固定費」です。 そしてそれら2種類の経費のうち、売上げに関わらず確実にかかってくる「固定費」に関しては、できる…
賃料コンサルを利用して経費の削減を

賃料コンサルを利用して経費の削減を

会社の経費の中でも、売上げに関わらず支払わなければならない“固定費”は常に経営者の悩みの種となっています。 そしてその固定費の中でも比較的大きなウエイトを占めるのが、テナントや事務…
賃料コンサルを利用するメリット

賃料コンサルを利用するメリット

ここ数年で、賃料削減という経費削減手法に興味・関心を持たれる経営者様が多くなってきています。 そしてインターネットや雑誌広告、電車の中吊り等では賃料の値下げ交渉に関するアドバイス…
賃料の減額交渉は可能か?

賃料の減額交渉は可能か?

会社を成長させるためには、売上げを伸ばすと同時に、毎月かかる経費を削減することも重要になってきます。 そして会社の経費削減を考えるうえで避けて通ることができないのが、賃料削減です…
賃料減額コンサルティング会社を利用しよう

賃料減額コンサルティング会社を利用しよう

賃料は、会社の業績や売り上げに関係なく確実にかかってくる経費です。 そのため賃料を少しでも安くすることができれば、会社の経費を大幅に削減することも可能です。 そしてその削減した賃…
賃料減額交渉を始めるタイミング

賃料減額交渉を始めるタイミング

ここ数年で、賃料削減交渉をご検討される会社が増えてきました。 賃料は毎月の売り上げに関係なく支払わなければならない、いわゆる“固定費”であるため、これを少しでも削減することができれ…
賃料減額申込書とは?

賃料減額申込書とは?

賃料減額申込書とは? 突然ですが皆様、「賃料減額申込書」についてご存知ですか? 賃料減額申込書とは物件オーナーや管理会社との交渉をする際に提出する書類のことで、賃料の減額を希望…
賃料交渉をしにくいタイミング

賃料交渉をしにくいタイミング

ほんの少し前まで、賃料は賃貸借契約において絶対に触れてはならない「聖域」のようなものでした。 しかし時代や経済情勢の変化に伴い、現在では多くの企業や店が賃料削減のための交渉を行っ…
賃料交渉会社選びのポイント

賃料交渉会社選びのポイント

賃料削減をするためには、現在借りている事務所やテナントのオーナーや管理会社と賃料減額交渉をしなければなりません。 そして交渉をスムーズに運ぶためには、信頼のおける賃料交渉会社を選…
賃料削減交渉はタイミングが肝心

賃料削減交渉はタイミングが肝心

賃料削減交渉は、会社の経費を削減するために大変有効な手段です。 実際、賃料削減交渉に成功して大賀幅経費削減に成功されている会社は沢山存在します。 ただし賃料削減交渉をするにあたっ…
東京オリンピック開催で賃貸市場が活性化!?

東京オリンピック開催で賃貸市場が活性化!?

東京オリンピック開催で賃貸市場が活性化!? 今から7年後の2020年、東京でオリンピック、並びにパラリンピックが開催されることが決定しました。 そしてこれを受けて活性化している…
普通借家契約と定期借家

普通借家契約と定期借家

会社の経費を削減するにあたっては、売上げの大小にかかわらずかかってくる固定費を削減する必要があります。 そしてその固定費の中でも比較的大きなウエイトを占める賃料の削減について検討…
様々な賃料コンサル

様々な賃料コンサル

賃料削減をするためには、現在借りている物件のオーナー、あるいは管理会社との賃料減額交渉をしなければなりません。 ただ不動産取引に関する知識があまりない方の場合、プロと対等に交渉を…
賃料減額申込書を提出しておこう

賃料減額申込書を提出しておこう

ここ数年、不動産業界においては盛んにテナントやビルの売買が行われています。 ただ物件を賃借している側としては、物件オーナーが変わったとしてもあまり関係がないような気もしますよね。 …
定期的な賃料減額交渉を

定期的な賃料減額交渉を

賃料削減は、他の間接材にかかるコストとは異なり定期的に、しかも短いスパンで交渉をしたほうがいい結果につながる費目です。 というのも事務用品や印刷にかかる費用、あるいは通信費等に関…
賃料増額要請を受けた場合の交渉

賃料増額要請を受けた場合の交渉

わが国では昔から、「賃料は上げられることはあっても下げてもらうことはできないもの」という認識が蔓延しています。 そのため不動産会社から賃料増額に関する通知を受け取った場合でも、「…
賃料増額要請に対する交渉は可能か

賃料増額要請に対する交渉は可能か

東京オリンピックの開催が決定したことやアベノミクス効果によって経済情勢が好転したことなどを理由に、現在の不動産市場は少し前に比べてかなり好転しているといえます。 そしてこういった…
賃料増額要請が急増!?

賃料増額要請が急増!?

賃料は、会社の売上や経済情勢等に関わらず毎月支払わなければならない「固定費」で、人件費とともに会社経営陣の悩みの種でもあります。 そのため皆様の中には、賃料削減について本格的にご…
賃料増額通知を受け取った後の交渉について

賃料増額通知を受け取った後の交渉について

最近は、テナントや事務所の借主に対して賃料増額通知を送付する不動産会社が急増しています。 賃料増額通知とは読んで字の通り賃料を増額する旨を通知する文書のことで、「来年度より賃料を○…
賃料増額通知が届いたらまずは専門業者に相談を

賃料増額通知が届いたらまずは専門業者に相談を

貸事務所や貸テナントを借りるためには、当然ながら毎月その対価としての賃料を納めなければなりません。 そしてこの賃料は売上が悪かった月は半額になる、なんていうことなどあるはずもなく…
賃料削減申込書を提出するタイミング

賃料削減申込書を提出するタイミング

賃料削減交渉をする際に提出する申込書ですが、これを提出する際にはタイミングを見計らうことが必要になってくるケースがあります。 それは、物件オーナーが個人である場合です。 現在賃…
賃料削減交渉の手順

賃料削減交渉の手順

ここ数年、大手企業を中心に現在賃借しているテナントや事務所の賃料削減交渉が盛んにおこなわれています。 そしてこの賃料削減交渉ですが、口頭ではなく文書で申し出ることをおすすめします…
賃料減額要請は口頭でなく文書で

賃料減額要請は口頭でなく文書で

ここ数年、大手企業を中心に現在賃借しているテナントや事務所の賃料削減交渉が盛んにおこなわれています。 そしてこの賃料削減交渉ですが、口頭ではなく文書で申し出ることをおすすめします…
賃料減額申込書を提出するメリット

賃料減額申込書を提出するメリット

賃料削減コンサルを通して賃料減額交渉をする場合はもちろん、ご自身で物件オーナーとの交渉をする場合においても、ほぼ100パーセント作成することになるのが、「賃料減額要請をする際に提…
賃料減額申込書が提出された場合

賃料減額申込書が提出された場合

賃料削減のための交渉をする際に提出することになる書類ですが、この申込書が提出された場合、物件オーナーや管理会社には申込書に対する返答をすること以外に、必ずしなければならないことが…
賃料減額申込書の必要性

賃料減額申込書の必要性

過去に賃料削減のための交渉をしたことがある方はご存知かと思いますが、物件オーナーや仲介業者、あるいは物件の管理会社に対して賃料減額に関する申し込みをした場合、「申込書を提出してく…
賃料減額交渉を自分たちでするデメリット

賃料減額交渉を自分たちでするデメリット

賃料は、貸主と借主、双方の合意によって決定されます。 そのため、賃貸借契約を交わした跡であっても、交渉によって賃料を減額することは大いに可能です。 しかし賃料削減交渉を自分たちだ…
賃料減額交渉をする中小企業が少ない理由

賃料減額交渉をする中小企業が少ない理由

一昔前までは「触れてはならない聖域」のような扱いをされていた賃料ですが、最近では様々な企業が2年、あるいは3年おきに賃料削減のための交渉を行っています。 しかし実は、この賃料削減…
賃料減額交渉をすると借主は損をするのか

賃料減額交渉をすると借主は損をするのか

日本には昔から、「賃料は交渉の寄りがない」とか、「賃料は上がることはあっても下がることはない」といった認識があります。 実際、賃料削減のための交渉は大家さんに対して失礼な行為であ…
賃料減額交渉をすると原状回復費が高くなる!?

賃料減額交渉をすると原状回復費が高くなる!?

経営者様のほとんどが、どうにか会社の経費を削減することができないかと毎日頭を抱えていることと思います。 そして手取りばやく経費を削減する方法の一つに、賃料削減があります。 しか…
賃料減額交渉の際にすべき調査とは

賃料減額交渉の際にすべき調査とは

賃料削減は、会社の経費を削減するために非常に有効な手段です。 そのため大手企業や外資系企業においては、数年おきに物件オーナー等との間で賃料減額交渉が行われています。 ただしこの…
賃料減額交渉に対して抱える不安

賃料減額交渉に対して抱える不安

テナントや事務所を借りるためにかかる賃料は、会社の固定費の中でもかなりのウエイトを占めるものです。 そのため賃料削減をすることができれば、年間を通して会社の経費を大幅に減らすこと…
賃料減額交渉と人間関係

賃料減額交渉と人間関係

会社の利益を上げて成長させるためには、売上げアップを図ると同時に出ていくお金、つまり「経費」を削減することが重要になります。 そして経費削減のための有効な手段の一つが「賃料削減」…
賃料減額によって原状回復費が高くなる!?

賃料減額によって原状回復費が高くなる!?

皆様の中には、会社の経費を削減するために賃料減額交渉を検討されている方、あるいはすでに交渉をして賃料削減に成功された方も沢山いらっしゃるかと思います。 ただそういった方の多くが抱…
賃料は交渉によって下げることができる!?

賃料は交渉によって下げることができる!?

リーマンショック以来、それまで以上に盛んに会社の経費削減が行われるようになりました。 そして会社の経費を削減するにあたって比較的手っ取り早くしかも毎月一定額を確実減額することがで…
賃料コンサルを利用しよう

賃料コンサルを利用しよう

インターネットや雑誌の広告を見てみると、非常に多くの賃料コンサルを見かけます。 賃料コンサルを利用すれば周辺賃料の調査結果に基づく適正な賃料の算出はもちろんのこと、不動産のプロで…
自分たちで賃料交渉をすることは可能か

自分たちで賃料交渉をすることは可能か

最近は、賃料削減のための交渉を賃料コンサル等に代行してもらうのが一般的になってきましたが、自分たちだけで賃料の交渉をすることは可能なのでしょうか。 実は、経営者はもちろん、自社…
自分たちで賃料減額交渉をするメリット

自分たちで賃料減額交渉をするメリット

会社の経費を削減するために有効な手段の一つに、賃料削減という方法があります。 そして賃料を削減するためには、物件オーナーや管理会社を相手に賃料削減交渉をしなければなりません。 …
自分たちで賃料減額交渉をするデメリット

自分たちで賃料減額交渉をするデメリット

日本では昔から、賃貸借契約を交わして一度決定された家賃を変更することはできない、という考えがはびこっていました。 しかし最近は賃料コンサルが沢山出来てきたこともあって、数年に1回…
自社で賃料減額交渉をするリスク

自社で賃料減額交渉をするリスク

「賃料は交渉によって安くすることができる」という認識が広まってからというもの、様々な企業において賃料削減のための交渉が行われています。 そして企業の中には、経営コンサルタントや賃…
自社で行う賃料削減交渉は本当に得!?

自社で行う賃料削減交渉は本当に得!?

経営コンサルタント等に会社の経費削減について相談をすると、必ずといっていいほど賃料の見直し関するアドバイスを受けます。 賃料というのは毎月一定額が確実にかかってくるものであるため…
交渉相手が個人である場合に注意すべき点

交渉相手が個人である場合に注意すべき点

貸事務所やテナントの中には、そのオーナーが法人ではなく個人である場合があります。 個人がビルを建て、これを賃貸しているというケースですね。 そしてこの場合、賃料削減交渉をするに…
賃料削減のためにオフィス移転をするリスク

賃料削減のためにオフィス移転をするリスク

経費を削減するためには、毎月の固定にについて見直していく必要があります。 そしてその固定費を抑える方法として最も有効なのが賃料削減です。 ただ賃料というものは一度契約で決めてし…
新しい賃料削減方法

新しい賃料削減方法

これまでの賃料削減法というと、より安いテナントへオフィスを移転するというのが主流でした。 しかしオフィスを移転するためには原状回復費や引っ越し費用、新テナントの補償費用や設備費用…
交渉によって賃料を削減するメリット

交渉によって賃料を削減するメリット

会社の経費において、売上の大小にかかわらず毎月確実にかかってくる固定費というものは、いつも経営陣を悩ませる部門です。 特に固定費の中で比較的大きなウエイトを占める賃料は、少しでも…
まずは賃料に関する考え方を改めよう!!

まずは賃料に関する考え方を改めよう!!

会社を成長させるためには、売上げを伸ばすのと同時に経費を削減していくことを考えなければなりません。 実際様々な企業は、仕入れコストを削減したり一部の業務を外部に委託したりすること…
これまでの賃料削減方法

これまでの賃料削減方法

会社の利益を伸ばすためには、売り上げを上げる一方で会社の経費を削減していく必要があります。 いくら入ってくるお金が多くなっても、出ていくお金が多いままではいつまでたっても利益が上…
2通りの賃料削減法

2通りの賃料削減法

わが国ではまだまだ、「賃料は下げることができないもの」という認識があります。 しかし、会社の経費削減を考えるのであれば、固定費である賃料から目を背けることはできません。 また人件…
更新料について

更新料について

賃貸借契約の契約期間が満了した場合には更新を行うことが一般的です。 契約更新の際に、更新料として新賃料の1カ月分等を請求されるケースが多くあります。契約内容を把握していないテナント…
賃貸人の属性について

賃貸人の属性について

不動産の賃貸人は、個人と法人に大別されます。 個人には、単独での賃貸人と、複数の共有者による賃貸人があります。 共有の場合には、代表者となる賃貸人が指定されているケースが一般的で…
不動産の鑑定評価② 原価法について

不動産の鑑定評価② 原価法について

今回は不動産鑑定評価の一つ、原価法についてご説明したいと思います。原価法とは再調達原価から対象の不動産の試算価格を求める手法になります。再調達原価とは、対象不動産を価格時点におい…
不動産の鑑定評価① 取引事例比較法について

不動産の鑑定評価① 取引事例比較法について

今回は不動産鑑定評価の一つ、取引事例比較法についてご説明したいと思います。取引事例比較法とは、類似する不動産の取引価格から対象不動産の試算価格を求める手法です。実際に取引された価…
東京オリンピックの影響で中古物件の価値が上昇

東京オリンピックの影響で中古物件の価値が上昇

2020年に開催されることが決定した東京オリンピック・パラリンピックの影響で、湾岸エリアの不動産価格が急上昇している、ということについては既に皆様ご存知かと思います。 しかし実は…
東京オリンピックの影響で人件費も上昇傾向?

東京オリンピックの影響で人件費も上昇傾向?

会社の経費を削減する方法としてまず思いつくのは、賃料削減や人件費削減といった“売上に関わらず毎月かかる経費”を削減するということです。 ところが賃料削減については現在、東京オリンピ…
東京オリンピックの影響で高騰する家賃

東京オリンピックの影響で高騰する家賃

2020年に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定してから、都内湾岸エリアの不動産市場では様々な変化が起こり始めました。 オリンピックの開発が原因と言われる不動産市場の値上がり…
コストアセスメントで経費削減

コストアセスメントで経費削減

会社の経費を削減する方法には、賃料削減や仕入れコスト削減、人件費削減など様々な方法があります。 そしてその中でも特に有効な方法の一つが、「コストアセスメント」です。 会社が成長し…
間接材コスト削減のインパクトとその重要性

間接材コスト削減のインパクトとその重要性

昨今、消費税引き上げも影響して売り上げが上がりにくい状況であるにもかかわらず支払ばかりが増え、なかなか業績が上がらないことに悩まされる会社が増えてきています。 会社の業績を上げる…
経費削減のためのアプローチ

経費削減のためのアプローチ

会社の経費は、「変動費」と「固定費」の2種類に分けることができます。 変動費とは毎月の売り上げによって変わってくる費用のことで、原材料の仕入れ費用等がこれにあたります。 これに対…
経費削減をする大前提

経費削減をする大前提

突然ですが皆様、会社の経費を削減するためにすべきこととして、どのようなことを思い浮かべますか? 原材料の仕入れコストを下げたり、事務所や店舗の賃料を削減したり、旅費規定を見直した…
経費削減支援サービスを利用するメリット

経費削減支援サービスを利用するメリット

会社の業績を向上させるためには、売り上げを上げつつも経費を削減していくことが必要になってきます。 そしてここ最近、会社の経費削減についてアドバイスをし、支援をする業者が登場してき…
購入データ分析によって経費を削減

購入データ分析によって経費を削減

会社の利益を増やすためには、収入を増やしつつ、支出を減らすことが重要になってきます。 そして会社の経費を削減するためには賃料削減等を検討することが必要になってくるのですが、これら…
短期間で大幅に経費を削減する方法

短期間で大幅に経費を削減する方法

業績を上げる、つまり利益を増やすためには、売り上げを上げるのはもちろん、少しでも経費を削減していく必要があります。 そして経費を削減するためには、原材料費を抑えたり人件費を削減し…
賃料減額交渉について

賃料減額交渉について

会社の経費削減を考えた場合、その経費の中でも比較的大きなウエイトを占める賃料を削減できれば、こんなにいいことはありません。 賃料のように毎月確実にかかってくる固定費は、経営者の悩…
そもそも賃料減額交渉は可能か?

そもそも賃料減額交渉は可能か?

商売をしていくうえで、毎月かかる必要経費を少しでも安く抑えることはとても重要なことです。そして必要経費の中でもある程度のウエイトを占める賃料を安くすることができれば、こんなに嬉し…
空室化が止まらない現代の賃貸借市場

空室化が止まらない現代の賃貸借市場

新聞やテレビの報道では、景気が回復傾向にあるとか、地価が上昇しているとか、ビルの空室率が低下しているとかいった情報が毎日流れてきています。 しかしそれはあくまでも首都近郊の話で…
経費に占める賃料の割合

経費に占める賃料の割合

個人が不動産を借りる場合、その賃料は収入の3割以下に抑えるのが理想的であるといわれています。では、商売をしている場合、事務所や店舗として借りる物件の賃料は必要経費の何割程度に抑え…
現在の賃貸借市場は借主が有利!?

現在の賃貸借市場は借主が有利!?

一昔前までは「賃料」というと、一度決めてしまえば上がることはあっても絶対に下がることはない、ましてや賃料減額交渉なんてする余地もない、絶対不可侵の聖域のように認識されていました。 …
現代のオフィス物件事情

現代のオフィス物件事情

「アベノミクス」といった言葉にも象徴されるように、ここ数年で日本の景気はかなり回復傾向にあると言われています。また東京を中心に地価も徐々に上がっており、ビルの空室率も減少傾向にあ…
現代は賃料減額交渉がしやすい時代

現代は賃料減額交渉がしやすい時代

突然ですが皆様、会社の事務所や店舗として借りている物件の賃料減額交渉について検討されたご経験はありますか?仕入れ先の変更や交渉による原材料費の削減や様々な経営努力による経費節減を…
賃料決定の基準

賃料決定の基準

物件を借りる場合に必ず発生してくるのが「賃料」です。 ではこの賃料は、一体何を基準にして決定されているのでしょうか。 賃料決定の基準を知っておけば、賃料削減のための交渉をする際に…
賃料減額交渉が困難な場合

賃料減額交渉が困難な場合

現在の賃貸借市場においては、オフィスや店舗はもちろん、工場や倉庫、社宅、学校、ホテル、病院などありとあらゆる種類の物件において賃料値下げ交渉をすることが可能です。 しかしその契約…
賃料減額交渉に必要な準備

賃料減額交渉に必要な準備

賃料削減をするために物件オーナーとの交渉をする場合、何の準備もせずいきなり「賃料を安くしてください」とお願いするのはあまりに無謀と言わざるを得ません。 契約書を交わしてその支払い…
賃料減額交渉のメリット

賃料減額交渉のメリット

一昔前の賃貸借市場においては、「賃料」というと上がることはあっても下がることはない、というのが常識でした。 しかし時代は変化し、現在は物件オーナーとの間で賃料減額交渉が当たり前の…
賃料減額交渉の流れ

賃料減額交渉の流れ

当然ですが、賃料削減をして必要経費を抑えるためには、貸主との賃料減額交渉をする必要があります。ただ、いきなり「賃料減額交渉」といわれても具体的にどうすればいいのかわからない、とい…
賃料減額交渉はできるだけ早く始めよう

賃料減額交渉はできるだけ早く始めよう

賃料減額交渉の成否に大きく影響するファクターに、「景気の回復」があります。景気が回復してくると、徐々に地価が上がってくるとともに賃貸物件に対する需要が多くなってきます。そうすると…
賃料減額交渉をする際の注意点

賃料減額交渉をする際の注意点

会社の経費の中で、比較的大きなウエイトを占めるものの一つが「賃料」です。 特に店舗をいくつも構えているというような場合、毎月数百万円単位の賃料がかかっているという方もいらっしゃる…
賃料減額交渉をする際有利になる情報

賃料減額交渉をする際有利になる情報

賃料削減をするために物件オーナーとの交渉をする場合、ただ単に「賃料を安くしてください」とお願いするだけではあまり説得力がありませんよね。 オーナーとしてもボランティアで物件を貸し…
賃料減額請求がしやすくなった現代の賃貸借市場

賃料減額請求がしやすくなった現代の賃貸借市場

一昔前までは、賃料というのは一度決めてしまうとその減額請求をすることができない、たとえ交渉をしたとしても失敗に終わってしまうことが多いというのが常識でした。 しかし現代は、賃料の…
賃料減額請求が成功する物件の特徴

賃料減額請求が成功する物件の特徴

時代の変化とともに、賃貸借市場の内情も大きく変化してきました。 一昔前までは「減額」はありえなかった賃料も、現在では比較的スムーズにその減額交渉を進めることができるようになってい…
法律上認められている賃料減額請求

法律上認められている賃料減額請求

物件を賃借する場合、必ず賃貸借契約を交わしますよね。 そして多くの場合、この賃貸借契約には「契約期間」があり、契約期間が過ぎれば契約更新をする必要があります。 この契約更新の際…
耐震基準について

耐震基準について

旧耐震基準と新耐震基準という言葉を聞いたことがありますか。 去る東日本大震災を受けて、不動産物件の耐震基準が注目されています。 この新旧は、昭和56年の法改正が分かれ目となってい…
フリーレントについて

フリーレントについて

フリーレントとは賃料を一定期間免除するという、賃借人にとって メリットのある制度です。 不動産の新規契約は出費が多いため、このフリーレントを募集条件に 付けているオフィスも散見さ…
TITLE