賃料減額交渉をする際の注意点

会社の経費の中で、比較的大きなウエイトを占めるものの一つが「賃料」です。
特に店舗をいくつも構えているというような場合、毎月数百万円単位の賃料がかかっているという方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合、各店舗の賃料を少しでも削減することができれば、毎月の経費を大幅に減らすことができますよね。
そして賃料削減をするためには、物件オーナーと賃料減額交渉をしなければなりません。

ただし、賃料減額交渉をする場合には注意すべき点があります。

それは、物件オーナーとの関係を悪化させないようにするということです。
物件オーナーが法人である場合や会社の事務所としてその物件を借りている場合にはあまり問題ないのですが、個人が所有している物件で飲食店等のサービス業を営んでいる場合、物件オーナーとの関係は非常に重要になってきます。
特に物件オーナーが近所に住んでいる場合、家賃減額交渉によってオーナーとの関係が悪化してしまうと瞬く間に悪い噂を言い触らされ、それによって客足が遠のいてしまうということも十分にあり得るからです。

賃料減額交渉をするにあたっては、その物件のオーナーが法人なのか個人なのか、そして個人である場合、どのような方法で交渉をすれば相手との関係を悪化させないで済むのかといった点をしっかりと考慮することが重要なのです。

TITLE