お好み焼き店の賃料交渉・削減事例

お好み焼き店

神奈川県相模原市 50.00坪

実施期間 87日間

現行賃料月額800,000円 → 600,000円  

削減率25.0%
(年間削減額2,400,000円)

【概要】
首都圏でお好み焼き店等の飲食店を10店舗以上運営。
競争激化や食材の仕入れ価格の高騰などで店舗収支が
悪化している状況下において、これまで自社にて賃料の
減額には取り組んできたが、何度か賃料が減額されている
店舗や、減額のできなかった店舗もあるため、専門家に
依頼したいとのご意向で、コンサルティングを実施いただく。

【コンサルティング】
契約から8年が経過している店舗。自社にて過去に2回賃料の
減額を行っている。仲介の大和ハウス担当者を窓口として
協議を進める。当初は2度減額していることを理由に、わずかな
減額回答でしたが、今後3年間において解約・減額を不可とする
条件を付帯することで、賃貸人に再度ご検討をいただき、
最終的に、20万円減額の回答をいただく。

【コンサルティング担当者所感】
過去に2回の減額をしている店舗でしたが、周辺相場の説明や、
減額に対する賃貸人の考えをヒアリングすることで、条件の付帯に
よる賃料減額を達成することができました。
このように過去に、家賃を下げたことがある店舗でも、再度減額を
いただくことも可能です。特に、お客様にとって自分で一度交渉した
店舗について、二度目は話しにくいということもあると思います。
このような店舗を運営している企業様にも、是非無料診断の実施、
コンサルティングの実施を検討いただきたいと思います。

images

【関係のある記事】