建築・設計会社の賃料交渉・削減事例

建築・設計会社

東京都千代田区神田岩本町 オフィス 76.28坪

実施期間 86日間

現行賃料月額1,373,040円 → 賃料部分フリーレント2カ月付与
(契約期間1年延長、解約ペナルティ付)

(年間削減額2,288,400円)

【概要】
全国に支店・営業所を展開している建築・設計・
内装会社。様々なコスト削減に取り組んでいる
会社状況において、代表者より問い合わせをいただき、
全拠点についての無料診断を実施。賃料減額の
見込める事業所については全件実施の決定をいただく。

【コンサルティング】
原契約から2年が経過しているオフィス物件。
ファンド物件であり、管理会社を窓口として協議を
進める。周辺相場を説明の上、更新契約を視野に
入れた契約条件の見直しを依頼。当初契約期間中での
減額は困難とゼロ回答をいただくも、最終的に契約期間の
1年延長を以って、賃料部分についてフリーレント2か月
とする回答を受領。クライアントにてペナルティ条件を応諾
いただき、コンサルティングを終了とした。

【コンサルティング担当者所感】
本件はファンド物件ということもあり、賃料減額に至るまで
約3か月がかかりました。投資物件ですので賃貸人としては、
表面利回りの低下を防ぎたく、賃料の減額は難しいため、
フリーレントによる実質減額にて協議をまとめました。
賃貸人の属性に応じた協議の進め方が改めて重要であると
思料致します。

a0002_009082