カラオケの賃料交渉・削減事例

カラオケ店(ロードサイド)
新潟県新潟市 273.56坪
実施期間 63日
現行賃料月額1,300,000円 → 1,100,000円
削減率15.3
(年間削減額2,400,000円)

カラオケ店の家賃削減事例概要

主に新潟県内にカラオケ店を展開する事業者。カラオケ最盛期の90年代にオープンされたロードサイド型の大型店舗。
景気動向に左右されやすい業態であることや、個人化する消費者志向の影響から売上の減少に歯止めがきかず、コストの見直しに迫られレントプロに問い合わせを受ける。これまで賃料の見直しは自社にて取り組んできたが、全店舗無料査定を実施の結果、ほとんどの店舗で相場と比較し割高であることが判明。コンサルティングの導入を決定。

カラオケ店の家賃削減事例コンサルティング内容

ご契約から20年以上が経過。これまでに1度減額をされている店舗。
賃貸人は個人であるため仲介会社と協議を進める。
店舗収支悪化に伴う減額の必要性、及び経年に伴う賃料水準低下を説明。仲介会社からは説明内容の正当性にご理解いただくも、賃貸人は大幅な減額に否定的。店舗業績、周辺の取引事例を説明した書面を提出し、その結果から20万円減額の最終回答をいただく。

レントプロ コンサルティング担当者所感

時間はかかりましたが、適正相場の最終回答を得られたためコンサルティングを終了しました。
賃貸人が相場より高いと認識していても、大幅な減額を受け入れてもらえないことは多々あります。
本件もまさにそのような賃貸人でありましたが、時間をかけて丁寧に資料を作成、対応することで、適正相場までご理解をいただくことができました。
カラオケ業界は初期投資を抑えるため居抜き物件や小型店舗への出店が主流になっており、既存の大型店舗は苦境に立たされております。
まずはレントプロの無料診断をご一考いただけますと幸いです。

カラオケ