コストアセスメントで経費削減

会社の経費を削減する方法には、賃料削減や仕入れコスト削減、人件費削減など様々な方法があります。
そしてその中でも特に有効な方法の一つが、「コストアセスメント」です。
会社が成長してくると、それぞれの部署がそれぞれの業務を担当するようになり、それぞれの部署ごとに原材料の発注をしたり間接材を調達したりするようになります。
そうすると経営陣としてもその一つ一つを細かくチェックするのが難しくなってきます。

そこで登場するのがコストアセスメントです。
コストアセスメントでは、様々な部署ごとでバラバラに決済されたり仕入れられたりしたもののデータを全て集約、さらに分解し、その単価や数量、品質等が適正かどうかを判断していきます。
つまりコストアセスメントによって会社のお金の出入りを細かくチェックし無駄な部分を省いたり部署ごとに行われていた仕入れを一元化したりして、経費を節減することができるというわけです。

またこのコストアセスメントは、会社に客観的な視点を入れ、経営方針や金銭管理について見直す機会にもなります。

現在は消費税増税に伴う売上不振もあってなかなか会社の業績を上げにくい状況にあります。
そんな今だからこそ、コストアセスメントによって会社の無駄を省き、経費削減をすることを検討してみてはいかがでしょうか。

TITLE