ドラッグストアの賃料交渉・削減事例

ドラッグストア

埼玉県川越市 249.54坪

実施期間 43日間

現行賃料月額1,950,000円 → 1,450,000円  

削減率25.6%
(年間削減額6,000,000円)

【概要】
首都圏を中心に約100店舗を展開している
ドラッグストア。競争激化により業績不振の店舗
については、無料診断を実施の上、コンサルティングの
実施を決定いただく。

【コンサルティング】
契約後10年が経過している店舗。
仲介であるJAの担当者を通じて協議を進める。
周辺相場に加え、業界動向、業績不振店舗であることを
説明し、賃貸人との改定協議を依頼。
当初、賃貸人の収支計画を理由に大幅な減額には
難色を示されていたものの、要望書面の提出により
JA担当者が賃貸人の収支計画の見直しに動いていただき
最終的に50万円の減額回答をいただく。

【コンサルティング担当者所感】
当店舗はとりわけ大幅な減額に成功した事例です。
家賃の相場、店舗の業績、ドラッグストアの業界動向、
周辺店舗との競争状況、今後の店舗運営戦略など
多岐に亘る内容の要望書面を提出することにより、
仲介JAのご担当者及び賃貸人に賃料減額の必要性を
ご理解いただけたことが、ポイントであったと思います。

url