ファーストフードの賃料交渉・削減事例

ファーストフード

京都府京都市左京区 51.67坪

実施期間 38日間

現行賃料月額1,200,000円 → 960,000円  

削減率20.0%
(年間削減額2,880,000円)

【概要】
大手のファーストフードチェーン店。
業績不振店及び相場水準に比べて高い
家賃を支払っている店舗について
コンサルティングの実施をいただく。

【コンサルティング】
原契約より8年が経過しており、コンサルティング実施の
2年前に賃料減額されている店舗。個人の賃貸人との
直接の交渉。周辺相場、業界動向、店舗状況を説明し、
賃料減額の打診し事情についてはご理解いただく。
当初は前回の減額改定から経過期間が浅いこと、
及び賃貸人の事業収支悪化から減額には否定的であるも、
最終的に、20%減額とする減額回答をいただく。

【コンサルティング担当者所感】
本件はコンサルティング実施の2年前に賃料減額が
されている店舗でしたので、当時の協議内容を細かく
ヒアリングした上で、賃貸人と話しをしました。
賃貸人本業の事業収支が悪化しているなかで、
いただいた減額回答は許容できる限界の金額とのことでした。
要望通りの回答ではありませんでしたが、賃貸人との
関係を考慮し終了としました。賃料減額協議については
継続しさらに話をするか、終了させるか見極めることも
大変重要なことであると思います。

IMG_2562-540x360