焼肉店の賃料交渉・削減事例

焼き肉店

岡山県岡山市 187.90坪

実施期間 84日間

現行賃料月額1,848,750円 → 1,428,572円

削減率22.7%

(年間削減額5,042,136円)

【概要】
中国地方を中心に飲食店20店舗程度を運営。
競争が厳しく、業績が伸び悩む中、コスト削減に
取り組まれており、全店舗の無料診断を実施。
相場に比べ高い店舗、赤字の店舗については
コンサルティング実施いただく。

【コンサルティング】
当初契約後6年が経過しており、一度も賃料の減額
経緯がない店舗。仲介会社を窓口として協議を進める。
周辺相場、業界動向、店舗状況を説明し賃料減額を打診。
仲介会社より賃貸人の弁護士・会計士と相談するなかで、
店舗業績推移の提出を依頼され、同書面を提出。
最終的に、更新時に業績開示をすることを条件に
150万円の回答をいただく。

【コンサルティング担当者所感】
本件は賃貸人が弁護士・会計士に一任されておりました。
業績不振で営業継続が厳しいことによる賃料減額の必要性と
賃料減額をした上でクライアント企業様の営業継続による
賃貸人のメリットを代理人である弁護士・会計士にご納得を
いただけたことがポイントであると思います。
飲食店は材料原価が上昇傾向にあり、人件費の削減も
難しくなってきており、飲食店経営者にとって、賃料減額は
大きなコスト削減方法の一つとなるでしょう。

sy_157

【関係のある記事】