歯科医院の賃料交渉・削減事例

歯科医院

神奈川県川崎市 79.00坪

実施期間 36日間

現行賃料月額880,000円 → 750,000円  

削減率14.7%

(年間削減額1,560,000円)

【概要】
川崎駅近隣のビルの2階を借りている歯科医院。
30年以上前から借りている物件で、これまで増床や賃料減額なども
院長ご自身で取り組まれてきた経緯がある。
前年に比べ売上も落ち込んでおり、赤字が予想されるため、
コスト削減に積極的ではあるが、診療に専念したいとの思いが強い
院長からレントプロへの問い合わせを受ける。
無料診断を行うと周辺相場に比べ約20%高いことがわかり、
すぐにコンサルティング実施が決定。

【コンサルティング】
交渉窓口となる管理会社の担当者へ周辺相場に比べ約20%高いことを
伝え、減額を打診。担当者に賃料水準についてご理解をいただき、
賃貸人との協議を進めていただくことで合意。
当初は賃貸人より建物建設費用等の収支上から20%の減額では赤字
収支になることを理由に減額には難色示されていたが、最終約に
15%減額の回答をいただく。

【コンサルティング担当者所感】
入居期間が30年を超えていたこと、相場に比べ約20%高かかった
ことが、減額成功した大きな要因であると思います。管理会社の
担当者も相場についてご理解していただき、借主に協力的に動いて
いただけたこともあります。相場水準より若干高い金額での合意
ですが、年間で約150万円のコスト削減ができたことで、院長には
大変喜んでいただき、相場水準以上の賃料であることより賃貸人も
ご納得の金額であり、双方にとってよい結果となったものと思います。

dentist