不動産ファンドから借りている物件の賃料減額交渉

毎月の賃料というものは、会社の経費の中でも特に経営者を悩ませる部門です。
特に東京の一等地にある有名ビルなどを持っている“不動産ファンド”から物件を借りている場合、通常のテナントや事務所のオーナーと賃料減額交渉のようには、スムーズに事が運ばない傾向があります。
実際、リーマンショックによる不動産市況の変化を睨んで賃料減額交渉を試みた経営者様の中にも、交渉に失敗した方が沢山いらっしゃいます。

やはり、不動産ファンドとの賃料減額交渉は不可能なのでしょうか?
答えはNOです。
相手が不動産ファンドであっても、賃料削減のための交渉をすることは可能です。

もちろん通常の場合ほど容易に交渉を進めるということはできないのですが、契約形態や入居したときの経済情勢、現在の賃料と周辺の賃料との差、周年のマーケットの状況、現在の経済情勢など様々な点を検討すれば、交渉をする余地は見えてきます。
そして綿密な調査の結果算出した適正な賃料とその根拠をもとに交渉を進めていくと、不動産ファンドから物件を借りている場合でも、賃料の減額交渉に成功することがあるのです。

現在不動産ファンドからテナント等を借りていて、毎月の高い賃料に悩まされているという方は、ぜひ一度賃料減額交渉を試みてみてはいかがでしょうか。

TITLE