耐震基準について

旧耐震基準と新耐震基準という言葉を聞いたことがありますか。

去る東日本大震災を受けて、不動産物件の耐震基準が注目されています。
この新旧は、昭和56年の法改正が分かれ目となっています。

旧耐震基準の建物は中地震に耐えるように設計されていましたが、
大地震に対するチェックはなされていません。

一方で、新耐震基準以降の建物は、中地震に対して損傷しないことに加えて、
大地震に対して倒壊しないことや、平面と立面的にバランスよくすること等が
要求されています。

これは、不動産賃料にも大いに影響を与えています。
一度、借りている契約書を確認してみてはいかがでしょうか。

なお、法改正が昭和56年ですので、法改正を受けて建てられた建物と
考えますと、昭和58年以新築の建物が新耐震基準建物となります。
昭和56年(場合によっては昭和57年)新築ですと旧耐震の可能性が
ありますので注意してください。

TITLE