契約更新時でなくとも賃料削減交渉は可能!?

不動産物件を借りる際には、必ず賃貸借契約を交わします。
そのため会社経営者様や管理部門の方の中には、「賃料削減のための交渉をするには、一度現在の契約を終わらせて、更新しなければならない」と思われている方も多いのではないでしょうか。
確かに一度契約を交わしてしまうと、その契約期間内は契約書記載の賃料を支払わなければならないような気がしますよね。

しかしそんなことはありません。
契約更新時でなくとも賃料減額交渉をすることは可能なのです。

そもそも賃貸借契約というのは、双方の合意によって締結されるものです。
ということは、同じように双方の合意さえあれば契約期間内であっても賃料を改定することは可能なのです。

実際、賃料交渉術にたけている大手企業やコンビニエンスストア、外食産業などは契約更新のタイミングに関係なく賃料削減交渉を行っています。
契約更新までの数か月、あるいは数年間そのままの賃料で甘んじるくらいならば、思い切って賃料削減交渉をして毎月かかる固定費を削減したほうがお得ですよね。

現在賃料削減交渉をご検討中の方で契約更新のタイミングまで待っているという方は、これを待つことなく交渉を開始してみてはいかがでしょうか?

TITLE