現代は賃料減額交渉がしやすい時代

突然ですが皆様、会社の事務所や店舗として借りている物件の賃料減額交渉について検討されたご経験はありますか?仕入れ先の変更や交渉による原材料費の削減や様々な経営努力による経費節減をされている方であっても、賃料の減額についてはあまり考えたことがなかった、という方も多いのではないかと思います。

確かにこれまでは、賃貸物件の賃料というとある意味「聖域」のようなもので、高くなることはあっても安くすることはできない、というのが多くの方の共通認識でした。しかし時代は変化し、現代では比較的スムーズに賃料減額交渉をすることができるようになっています。
そしてその背景にはやはり、テナント等の空室率の上昇があります。少し前までは特に宣伝をしなくとも入居希望者が殺到していたような物件でも、現代ではなかなか借り手がつかないという状況にあります。
もちろんここ数年の景気回復によって首都近郊のテナント空室率は改善されてきていますが、それでもやはり、ビルオーナーにとってはまだまだ厳しい状態が続いています。

そのためビルオーナーとしては、新たな借り手を見つけるというのはもちろん、現在の契約者をできるだけ手放したくないと考えているのです。そしてそういった考えがあるために、賃料減額交渉にも応じてもらいやすくなっているというわけです。
賃料を理由に退去されてしまうことを考えれば、多少賃料を安くしてでも借り続けてもらった方がビルオーナーとしては得ですものね。

TITLE