地方の事業所の動向について

景気回復による業績改善で、企業の資金力は上がっており、昨今ではM&Aが活況となっております。企業の統廃合に伴う、本社機能の統合に加え、重複したエリア内での支店や営業所、出張所を集約するケースが多くあります。

企業としては賃料をはじめ、様々なコスト削減が可能となるためです。

 

このような環境下において、立地条件が悪い物件や築年数の古い物件であれば、尚更需要は見込めず、特に地方での空室率増加、賃料相場の下落の要因の1つと考えられます。

TITLE