オフィス移転で損をする?

会社の経費を削減するために有効な手段の一つに、賃料削減があります。
そして賃料削減について検討されている方の多くが思いつく手段が、「オフィスの移転」です。
つまり、少しでも賃料が安いところにオフィスを移転することによって、会社の経費を削減しようという方法です。
しかしこのオフィス移転、場合によっては会社の経費を削減するどころか、会社の経費を増やしてしまうことにもなりかねないのです。

というのもオフィスを移転する場合、現オフィスと引っ越し先のオフィスにおいて様々なことをしなければなりません。
一般的な引っ越しに必要な作業はもちろんのこと、間仕切りの撤去や受付の工事、サイン工事、OAフロア工事、電気関係の工事、電話関係の工事、エアコン工事、照明器具の工事、そして原状回復工事など、実に様々な作業をしなければならないのです。
そしてこの作業には、保証金や原状回復費を除外して坪当たり20万円以上かかるのが一般的です。

そう、現在より少しだけ家賃が安くなるからとオフィスの移転をしていては、反対に移転にかかる費用がかさんでしまい、その結果、会社の経費が増えてしまうこともあるのです。
物件情報を見ていて安いテナントを見つけた場合、そこに飛びつきたくなる気持ちはわかりますが、今一度冷静になって考え直してみることが大切です。

TITLE