経費削減と賃料減額

会社の経費削減を考えた場合、その経費の中でも比較的大きなウエイトを占める賃料を削減できれば、こんなにいいことはありません。
賃料のように毎月確実にかかってくる固定費は、経営者の悩みの種でもありますよね。

しかし「賃料」というと、賃貸借契約の中でも“触れてはならない部分”であるというようなイメージがあり、賃料を安くしてもらうことなんて、到底無理なのではないかと思われている方も多いかと思います。

では実際のところ、賃料を減額してもらうことは可能なのでしょうか?
答えはYESです。

法律や契約で賃料減額交渉ができない場合を除き、ほとんどの賃貸借契約においては賃料減額交渉をすることが可能です。
そして現在の賃貸借市場においては、なかなか借り手がつかず困っている物件オーナーのほうが圧倒的に多いため、比較的スムーズに交渉を進めて賃料を減額してもらえる場合が多いのです。

物件オーナーとしても、今後いつ見つかるのかわからない新たな借り手を探すよりは、多少賃料の値下げをしてでも現在の借主に借り続けてもらう方が安定して家賃収入を得ることができる、という実情があるようです。

現在会社の経費削減をご検討中の方は、最初からあきらめてしまわないで賃料減額交渉という方法も検討されてみてはいかがでしょうか。

TITLE