地価は下がっても賃料は下がっていない?

バブル崩壊以降、地価は当時の半額以下にまで下がってしまいました。
しかし賃料に関しては、テナント料・地代を問わずほとんど値下がりしていません。
「100年に1度の不況」なんて言われたりもしているこの時代にもかかわらず、その賃料は景気が良かったころとあまり変わっていないのです。

そして会社の経費について考えてみると、賃料が占める割合というのは意外に大きなものになっています。
そのため、賃料削減は経費削減について考えるうえで避けて通ることができません。

しかし、少しでも安い賃料のオフィスに移転するとなると、かなりの費用を要します。
また地代の安いところに引っ越すとなると、莫大な原状回復費用がかかってしまいます。
そこで考えられる手段が、賃料削減交渉です。

現在賃借しているテナント、土地、あるいはオフィスのオーナー様と、賃料について交渉を行っていくのです。
我が国において賃料というのは「契約で決まっている以上触れてはならないもの」といったイメージがありますが、そんなことはありません。
現に借地借家法においても、賃料減額交渉は認められています。

会社の経費を少しでも削減しようと思うのならば、賃料削減についても検討してみてはいかがでしょうか。

TITLE