賃料の減額交渉は可能か?

会社を成長させるためには、売上げを伸ばすと同時に、毎月かかる経費を削減することも重要になってきます。
そして会社の経費削減を考えるうえで避けて通ることができないのが、賃料削減です。

賃料を削減するとなると、現在よりも賃料が安いテナントに移転をするか、現在賃借しているテナントの賃料を減額してもらうよう交渉するかのどちらかしかありません。

ただここで、多くの経営者様が疑問に思われることがあります。
それは、「そもそも賃料の減額を要求する何てこと、してもいいのか」ということです。

しかし安心してください。
賃料の減額要求は、借地借家法でも認められている、借主側の正当な権利なのです。
そして実際、大手企業では数年前から盛んに賃料減額交渉が行われています。

日本においてはまだまだ、「入居したときに契約書を交わした賃料を安くできるわけがない」という意識が根強く残っています。

しかし賃料減額交渉をすることは可能ですし、実際に賃料減額交渉に成功して会社の経費を大幅に削減することができている会社もたくさん存在するのです。

また最近では賃料の値下げ交渉のサポートや代行をしてくれる業者も沢山ありますので、こういった業者を利用すると、無駄な労力をつかうことなく会社の経費を削減することができます。

TITLE