賃料減額交渉を始めるタイミング

ここ数年で、賃料削減交渉をご検討される会社が増えてきました。
賃料は毎月の売り上げに関係なく支払わなければならない、いわゆる“固定費”であるため、これを少しでも削減することができれば会社にかかる年間経費を大幅に減らすことができます。

ただし賃料減額交渉は、いつでも気が向いたときにすればいいというものではありません。
これは賃料減額交渉に限ったことではありませんが、やはり交渉ごとには“タイミング”というものがあり、このタイミングを外してしまうと上手くいくものもいかなくなってしまうのです。

では、賃料減額交渉は具体的にいつから開始すればいいのでしょうか。

賃料減額交渉に適した時期とはズバリ、賃貸借契約の更新時です。
契約更新時には入居条件はもちろんのこと毎月の賃料や共益費についても契約書を交わしますので、このタイミングで賃料減額希望を提示することによって、比較的スムーズに交渉を進めることができるのです。

物件オーナー側としても、更新をしてもらえず新たな借主を探すことになるよりは、少々賃料を下げてでもそのまま入居し続けてもらった方がありがたいというわけです。
現在賃料の減額交渉をご検討中の方は、次回の契約更新がいつなのかということを確認しておきましょう。

TITLE