賃料削減交渉はタイミングが肝心

賃料削減交渉は、会社の経費を削減するために大変有効な手段です。
実際、賃料削減交渉に成功して大賀幅経費削減に成功されている会社は沢山存在します。
ただし賃料削減交渉をするにあたっては、タイミングが重要となります。
というのも賃料減額希望を申し出るタイミングによっては、交渉をスムーズに進めることができない場合があるのです。

では、賃料交渉に向かないタイミングとは具体的にいつ頃なのでしょうか。

賃料減額交渉に向かないタイミングとしては、「契約直後」が挙げられます。
オフィスにしろテナントにしろ土地にしろ、不動産物件を借りる際には必ず賃貸借契約書を交わします。
そして契約をする際には、必ず「賃料」についての取決めも交わされます。

つまり契約直後に賃料減額希望を切り出すということは、「ついこの前にした契約の内容を変えてくれ」というのと同じことなのです。
これでは物件オーナー側と借り手側との信頼関係を築くことが難しくなり、交渉をスムーズに進めることができなくなってしまいます。

今後も賃借し続けたい物件のオーナーとの関係は良好に保っておくに越したことはありませんので、賃料減額交渉をする際には必ず、いいタイミングで切り出すようにしましょう。

TITLE