賃料減額申込書を提出しておこう

ここ数年、不動産業界においては盛んにテナントやビルの売買が行われています。
ただ物件を賃借している側としては、物件オーナーが変わったとしてもあまり関係がないような気もしますよね。
確かに現在借りている物件が譲渡されたとしても、そのままの条件でテナント等を借り続けることは可能です。

しかし現在入居している物件が譲渡されそうな場合ひとつしておいた方がいいことがあります。
それは、賃料減額申込書を提出しておくということです。

実は賃料減額申込書の提出を受けた場合、物件オーナー側としてはその物件の購入を検討しているクライアントに対して「現在入居している方から賃料減額申込書の提出を受けている」ということを必ず伝えなければなりません。
そうすると、物件を購入する側としては「この先、賃料を下げることになる」ということを理解したうえで物件価格につての交渉をし、その物件の購入を決定します。
つまり新たなオーナーは、“賃料を下げる”ということを前提としてその物件を購入するのです。

そのため物件オーナーが変わった後はかなりスムーズに賃料削減交渉を進めることができ、高確率で希望条件の家賃に改定することができるというわけです。

TITLE