賃料増額要請を受けた場合の交渉

わが国では昔から、「賃料は上げられることはあっても下げてもらうことはできないもの」という認識が蔓延しています。
そのため不動産会社から賃料増額に関する通知を受け取った場合でも、「仕方ないか」とか「移転するにもお金がかかるし、このくらいならいいか」と諦めて不動産会社から提示されたままの賃料を支払っているという会社も少なくありません。

しかしこれは、非常にもったいないことと言えます。
というのも賃料とはそもそも借主と貸主、双方の合意によって決定されるものであるため、不動産会社や物件オーナー等から賃料増額通知を受け取ったからといって、直ちにその条件を受け入れる必要はないのです。

そこで賃料増額通知を受け取った場合にはまず、賃料コンサル等に相談をするようにしましょう。
賃料コンサルに交渉を代行してもらうことによって、賃料増額をやめさせることができる場合があります。
また賃料増額自体をやめさせることはできなくとも、増額金額を通知よりも少なくするという方向で交渉を進めていくことも可能です。
皆様の中には自分で交渉を進めたいという方もいらっしゃるかもしれませんが、不動産取引に関する知識がない方にとってこの交渉は、賃料削減交渉よりもはるかに難易度が高いものになりますので、プロの手に委ねることをおすすめします。

TITLE