賃料増額通知が届いたらまずは専門業者に相談を

貸事務所や貸テナントを借りるためには、当然ながら毎月その対価としての賃料を納めなければなりません。
そしてこの賃料は売上が悪かった月は半額になる、なんていうことなどあるはずもなく、毎月決まった額を納める必要があります。
そのため経費削減を検討されている会社の中には、その一環として賃料削減をご検討中の方も多いのではないでしょうか。

しかしそういった考えとは裏腹に、最近は不動産が社から賃料増額に関する通知が届くという事例が急増しています。
その背景にはアベノミクス効果や東京オリンピック開催決定等による不動産市況の好転があり、これを受けた不動産会社が一気に賃料増額へと乗り出しているのです。

そして不動産取引に関する知識があまりない方が賃料増額通知を受け取ると、
・「増額通知」というくらいだから既に賃料増額は決定事項なのだろうか
・増額については仕方がないとしても、せめて増額率をもう少し低くしてもらうことはできないのだろうか
・そもそも増額の理由は何なのか
といった疑問が出てきて、人によっては軽いパニック状態になってしまうことと思います。

そこで不動産会社から賃料増額通知が来た場合にはまず、賃料コンサルなどの専門業者に相談するようにしましょう。
そうすることによって正確なアドバイスを受けることができ、落ち着いて交渉に臨むことができます。

TITLE