賃料削減申込書を提出するタイミング

賃料削減交渉をする際に提出する申込書ですが、これを提出する際にはタイミングを見計らうことが必要になってくるケースがあります。
それは、物件オーナーが個人である場合です。

現在賃借している物件のオーナーが法人である場合や賃料等に関する交渉の一切を管理会社等が請け負っている場合、賃料減額交渉はビジネスライクに、淡々と進んでいく傾向があります。

これに対して物件オーナーが個人である場合、特に何年もその物件を賃借しており物件オーナーとの人間関係が形成されているという場合、いきなり申込書を提出すると、大家さんが憤慨してしまうことがあるのです。
こうなってしまうと交渉どころではなくなりますし、せっかくいい関係を形成することができていたのに関係が悪化してしまい、最悪の場合はその物件から退去せざるを得ないことになってしまうということもあります。

そこで交渉相手が個人である場合、申込書を提出するタイミングには十分に注意しましょう。
賃料減額コンサル等では賃料削減交渉の進め方についてはもちろん、それぞれのケースに応じた申込書提出のタイミングについてもアドバイスしてもらうことができますので、ぜひ利用してみてください。

TITLE