賃料減額申込書を提出するメリット

賃料削減コンサルを通して賃料減額交渉をする場合はもちろん、ご自身で物件オーナーとの交渉をする場合においても、ほぼ100パーセント作成することになるのが、「賃料減額要請をする際に提出する文書」、いわゆる「申込書」です。
ただ皆様の中には、「賃料減額交渉なんて、直接対話をして話を詰めればいいのではないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし申込書を提出することには、様々なメリットがあるのです。

賃料減額申込書を提出するメリットとしてはまず、「トラブルを未然に防ぐことができる」という点が挙げられます。
電話や体面による交渉では確かに手っ取り早く話を進めることができるのですが、その反面、そこで話した内容を反故にされてしまう可能性もあります。
これに対して申込書を提出する場合、交渉内容を文書に記録することができる、つまり「証拠」を残すことができるため、後のトラブルを回避することができるのです。

賃料減額申込書を提出するメリットとしては他にも、気まずい思いをすることなく大家さんや管理会社に対して賃料削減の申し込みをすることができるというメリットや、交渉をスムーズに進めることができるというメリットもあります。

TITLE