賃料減額申込書の必要性

過去に賃料削減のための交渉をしたことがある方はご存知かと思いますが、物件オーナーや仲介業者、あるいは物件の管理会社に対して賃料減額に関する申し込みをした場合、「申込書を提出してください」と言われることがあります。
特に交渉の相手が法人である場合、必ずといっていいほどこの申込書が必要になってきます。

ここにいう申込書とは「賃料減額要請をする際に提出する文書」のことで、賃料をいくら減額してもらいたいのか、ということはもちろんのこと、何月分の賃料から減額してもらいたいのか、いつまでに返事をもらいたいのか、といったことを記載します。
この申込書があれば、“言った、言わない”といったトラブルを防ぐことができますし、直接賃料減額の申し込みをするのが気まずいという方でも、申込書を郵送するのであれば、気楽に賃料減額要請をすることができます。

ちなみに交渉相手によっては「申込書の提出は不要です」と言われることもありますが、例えこのように言われたとしても必ず申込書は提出するようにしましょう。
そうすることによってトラブルを回避することができるとともに、交渉内容を記録として残し、契約内容に反映させることができます。

TITLE