賃料減額交渉をする中小企業が少ない理由

一昔前までは「触れてはならない聖域」のような扱いをされていた賃料ですが、最近では様々な企業が2年、あるいは3年おきに賃料削減のための交渉を行っています。
しかし実は、この賃料削減交渉をしているのは大手企業や一部上場企業、外資系の企業、小売業棟などが中心で、中小企業が賃料削減交渉をしているというケースは非常に少ないのです。
ある機関が行った調査によると、賃料減額交渉を行っている会社のうち、中小企業が占める割合はなんと10パーセント以下であるという結果も出ています。

では、賃料減額交渉をする中小企業が少ないのはどういった理由からなのでしょうか。

賃料減額交渉をする中小企業が少ない理由としては「賃料を交渉によって減額することができるということを知らない」ということが挙げられます。
通信費やコピー等にかかる費用に関しては業者に対して値切り交渉をしてコスト削減に努めているのに、賃料に関しては「交渉をすることができる」という認識すらないのです。
これは、非常にもったいないことですよね。

賃料は通信費や印刷費と同じように交渉によって減額してもらうことが十分に可能ですので、毎月のコスト削減のためにも、賃料減額交渉を本格的に検討されてみてはいかがでしょうか?

TITLE