賃料減額交渉をすると大家さんとの関係が悪化する!?

賃料削減を本格的にご検討されている方の中には、「賃料減額の要請をすると物件オーナーとの関係が悪化するのではないか」とか「賃料減額交渉に成功したとしても、その後このテナントに居づらくなるのではないか」といったような不安を抱えている方も多いかと思います。
確かに「賃料減額交渉」というと聞こえがいいですが、要は大家さんのもとに毎月入ってくる賃料を「値切る」わけですから、関係が悪化するのではないかと危惧するのは当然といえば当然でしょう。
しかし安心してください。
もちろん交渉の方法や態様にもよりますが、賃料減額交渉をしたからといって物件オーナーとの関係が悪化するということは、まずありません。

というのも現在は貸テナントや貸事務所が供給過多状態となっており、不動産市場は借り手市場になっています。
それは、一等地に立っているビルが次々に取り壊されてコインパーキングができている現状を見ても明らかですよね。
そのため物件オーナーとしても、より安い賃料のテナントに移転されるよりは、多少賃料を下げてでもこのまま借り続けてもらった方がいい、と考えているのです。

賃料減額交渉をしたことを理由にその物件に居づらくなるということはまずありませんので、安心して交渉に臨んでください。

TITLE