賃料減額交渉をすると借主は損をするのか

日本には昔から、「賃料は交渉の寄りがない」とか、「賃料は上がることはあっても下がることはない」といった認識があります。
実際、賃料削減のための交渉は大家さんに対して失礼な行為である、という考えをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

また、賃料削減のための交渉をすると、それが原因で原状回復費が高額になってしまうのではないかとか、物件オーナーとの人間関係が悪化してしまうのではないかといった不安を抱えている方もいらっしゃるかと思います。

しかし安心してください。
賃料減額交渉をしたからといって、原状回復費が高くなったり大家さんや管理会社との関係が悪化してしまったりというということはまずありません。
もちろん交渉の仕方や手続きの進め方によっては、関係を悪化させてしまう可能性がゼロとは言えません。
しかし賃料コンサルタント等を適切に利用し、きちんと交渉を進めていきさえすれば、賃料減額交渉をすることによって借主に何らかの損失が発生するということはないのです。

賃料減額交渉をすることについて何のリスクもないのであれば、交渉をしなければ損であるような気さえしてきますよね。
実際、その認識は間違っていません。
現在賃料減額交渉をご検討中の方は、ぜひ実践してみてください。

TITLE