賃料減額交渉の際にすべき調査とは

賃料削減は、会社の経費を削減するために非常に有効な手段です。
そのため大手企業や外資系企業においては、数年おきに物件オーナー等との間で賃料減額交渉が行われています。

ただしこの賃料減額交渉をするにあたっては、いくつか事前にしなければならないことがあります。
その一つが、周辺のマーケティング調査です。

賃料減額交渉において申込むべき希望賃料は、ただやみくもに好きな額を提示すればいいというものではありません。
例えば賃料相場が40万円である物件のオーナーに「賃料を10万円にしてください」といったところで、まともに取り合ってもらえるわけはないのです。

そこで賃料減額交渉をするにあたってはまず、その物件の周辺地域にあるビルやテナントの賃料や地価を調査する必要があります。
またその地域の人通りやその地域にどういったテナントが入っているのか、現在借りている物件の客観的価値などについても、調査する必要があります。

そしてその調査結果をもとにして適正な賃料を算出し、その適正額の範囲内の希望賃料を提示することによって、スムーズに交渉を進めることができるのです。
また相手方がその希望をのんでくれない場合であっても、事前に行ったマーケティング調査の結果をもとに交渉を行うことによって、こちら側の希望を通すことができることもあります。

TITLE