賃料減額交渉に対して抱える不安

テナントや事務所を借りるためにかかる賃料は、会社の固定費の中でもかなりのウエイトを占めるものです。
そのため賃料削減をすることができれば、年間を通して会社の経費を大幅に減らすことが可能です。

ただ賃料減額交渉をするに際しては、多くの方が不安に思われていることがあります。
それは、賃料を減額してもらったことによって、退去する際の原状回復費が高くなってしまうのではないかという点です。
賃料を安くしてもらうことによって毎月の支払いを抑えることができても、それが原因で退去時に多額の費用がかかってしまうというのでは、結局のところ経済的な負担が変わらないため、何のために賃料減額交渉をしたのかわからなくなってしまいますよね。

しかし安心してください。
賃料を減額してもらったからといって原状回復費が高くなるということはまずありません。
また知識のない大家さんの中には「賃料を安くした分、退去時の原状回復費用にのせてしまえ」と高額な原状回復費を請求してくる方もいらっしゃるかもしれませんが、そういった場合には毅然と対応することによって、本来必要な原状回復費のみの支払いで済ますことが可能です。
そもそも原状回復費とは借りていた物件を原状に復さしめるためにかかる費用のことですので、減額した分の賃料をのせるようなことはできるわけがないのです。

TITLE