賃料減額交渉と人間関係

会社の利益を上げて成長させるためには、売上げアップを図ると同時に出ていくお金、つまり「経費」を削減することが重要になります。
そして経費削減のための有効な手段の一つが「賃料削減」です。

しかし皆様の中には、賃料減額交渉をしたいという気持ちはあるものの、大家さんや管理会社との関係が悪化するのが怖くて交渉に踏み切れないでいるという方も多いかと思います。
もちろんしっかりと契約書を交わしている以上、きちんと賃料を支払ってさえいれば賃料減額交渉をしたからといって追い出されることはありませんが、これまで良好であった関係が悪化してしまうというのはいささか残念ですよね。

もちろん、交渉の仕方やその態度、交渉前までにおける物件オーナーとの関係性によっては、賃料減額交渉をしたことを理由に関係が悪化してしまう場合もあります。
しかしほとんどの場合は、交渉をしたからといって大家さんとの関係が悪化してしまうということはまずありません。

というのも最近は賃料減額交渉をされるのがあたり和えとなりつつあるため、大家さんとしてもそこまで深刻に考えたり憤りを感じたりすることなく、「ついにうちにも来たか」くらいの認識できちんと対応をしてもらうことができるのです。
賃料がふれてはならない「聖域」であった時代はとうに終焉を迎えましたので、会社の経費削減を考えている方は、ぜひ一度賃料削減についてもご検討ください。

TITLE