賃料減額によって原状回復費が高くなる!?

皆様の中には、会社の経費を削減するために賃料減額交渉を検討されている方、あるいはすでに交渉をして賃料削減に成功された方も沢山いらっしゃるかと思います。
ただそういった方の多くが抱えている悩みに、「賃料を減額してもらったがために退去の際、高額な原状回復費を請求されるのではないか」というものがあります。

では、賃料を減額してもらったことを理由に原状回復費用が高くなってしまうということはあるのでしょうか?
答えはNOです。
そんなことは絶対にありえませんので、どうぞご安心ください。

そもそも原状回復費とは、退去の際にその物件をもとのように、つまり、原状に回復するためにかかる費用のことです。
そう、原状回復費と毎月の賃料とは、全く別々の性質を持つものなのです。
そのため賃料を安くしてもらったからといって、その分が原状回復費に上乗せされるということは絶対にありえません。

また、万が一そのようなことがあったとしても原状回復費用の内訳を説明してもらい、きちんと講義をすることによって正当な金額のみの支払いで退去をすることが可能です。
賃料減額請求をしたことによって借主が何らかの不利益を受けるということはありませんので、安心して交渉をしてきましょう。

TITLE