賃料コンサルを利用しよう

インターネットや雑誌の広告を見てみると、非常に多くの賃料コンサルを見かけます。
賃料コンサルを利用すれば周辺賃料の調査結果に基づく適正な賃料の算出はもちろんのこと、不動産のプロである物件オーナーや管理会社との賃料減額交渉を代行してもらうことも可能です。
実際、賃料コンサルを利用して賃料削減に交渉したという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし賃料コンサルの仕事は、賃料減額交渉に関することだけではありません。
数ある賃料コンサルの中には、原状回復費の交渉を行っているところもあるのです。

原状回復費とは賃借していた物件を原状に復するためにかかる費用のことで退去時に請求されるものなのですが、この原状回復費については価格交渉をしてこない会社が多いため、足元を見てかなり高額な見積もりを提示してくる業者も存在します。
酷いケースでは、実際にかかる費用の2倍を超える費用を請求してくるところもあるのだそうですよ。

この点、賃料コンサルを利用すればこの原状回復費に関してもしっかりと交渉をし、適正な価格にまで抑えることが可能です。
退去時にかかる費用を抑えることは会社の経費を抑えることにもつながりますので、ぜひ賃料コンサルを利用なさってみてください。

TITLE