自社で行う賃料削減交渉は本当に得!?

経営コンサルタント等に会社の経費削減について相談をすると、必ずといっていいほど賃料の見直し関するアドバイスを受けます。
賃料というのは毎月一定額が確実にかかってくるものであるため、できる限り賃料削減をすることによって、毎月の負担を少なくすることができるのです。

ところで賃料削減をするためには必ず、物件オーナー等との間で賃料減額交渉をしなければなりません。
そして経営コンサルタントや賃料コンサルタントでは、この交渉の代行なども行われています。

しかし賃料減額交渉を外部に依頼する場合、当然手数料や成功報酬がかかってくるため、経営者様の中には少しでも負担を減らそうと自分たちで賃料減額交渉をしようと考える方もいらっしゃるかと思います。
では、自分たちで賃料減額交渉をするのは、本当にお得なのでしょうか?

残念ながら答えはNOです。

確かに自分たちで賃料減額交渉をすれば、コンサルタントに支払う手数料や成功報酬を払わないで済みます。
しかしその分、通常業務に充てるべき時間や労力を交渉のために割くことになり、業務に支障が生じたり、それを挽回するため新たな人件費が発生したりすることになります。

そう、自分たちで賃料減額交渉をすると目に見える経費を節約することはできるかもしれませんが、そのために費やす労力や時間のことを考えると、決してお得とは言えないのです。

TITLE