賃料削減のためにオフィス移転をするリスク

経費を削減するためには、毎月の固定にについて見直していく必要があります。
そしてその固定費を抑える方法として最も有効なのが賃料削減です。

ただ賃料というものは一度契約で決めてしまうと触れてはならないもの、といったイメージがあるため、賃料を減額するためにはオフィスを移転するしかないと考え、実際に移転、あるいは移転を検討されている方も多いかと思います。

しかし実は、オフィスを移転することには様々なリスクが伴ってきます。
例えば移転にかかる経費についてですが、オフィスを移転するにあたっては原状回復費用や引っ越し費用、新しいテナントに入るための保証金や設備費用などがかかることになります。
また新しいテナントを探すためには時間を割いて色々な物件を見て回る必要があるため、
かなりの労力がかかってきます。
さらに移転をしたはいいものの、交通の便が悪く不便になってしまったり、既存のお客様を失ってしまったりする可能性もあります。

そう、賃料削減のためといって安易にオフィスを移転してしまうことには、会社にとって非常に大きなリスクを抱えるのと同じことなのです。
現在賃料削減のためのオフィスの移転をご検討中の方は、今一度慎重に考え直してみることをおすすめします。

TITLE