新しい賃料削減方法

これまでの賃料削減法というと、より安いテナントへオフィスを移転するというのが主流でした。
しかしオフィスを移転するためには原状回復費や引っ越し費用、新テナントの補償費用や設備費用など莫大な経費がかかってしまいます。

そこでこれからの賃料削減方法として注目されているのが、「交渉」によって賃料を減額してもらうという手法です。
この方法では、現在賃借しているビルのオーナー様や不動産管理会社様と入居者様の間にコンサルタントが入り、賃借条件に関する交渉をしていきます。
そしてこの交渉の中で現在の賃料を適正な賃料へと引き下げ、これによって会社経費の中の賃料を削減することができるというわけです。

交渉をベースとした賃料削減法ではオフィスを移転する場合のような経費が掛からないため、余計なリスクを負うことなく会社の経費を削減することが可能です。
また交渉に関しては専門の業者に任せておけばいいため、条件に合うテナントを探したり物件の内覧に出向いたりというような、余計な労力をつかう必要もありません。

現在会社の経費削減、あるいは賃料削減をご検討中の方は、これからの賃料削減方法である「賃料減額交渉」を考えてみてはいかがでしょうか。

TITLE