交渉によって賃料を削減するメリット

会社の経費において、売上の大小にかかわらず毎月確実にかかってくる固定費というものは、いつも経営陣を悩ませる部門です。
特に固定費の中で比較的大きなウエイトを占める賃料は、少しでも安く終えたいところですよね。

そして賃料削減を検討している方の注目を集めているのが、交渉によって賃料を減額するという方法です。
では、賃料減額交渉にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、賃料減額交渉のメリットについてご紹介させていただきます。

賃料減額交渉は、あくまでも「交渉」です。
そのため当然といえば当然なのですが、これをするにあたって会社が何らかの金銭的なリスクを負うことはありません。

また賃料減額交渉に成功した場合、現在の住所のままで賃料だけが安くなるため、オフィスを移転する場合のように余計なコストがかかるということもありません。
そして住所がそのままということは交通の便も人通りも変わらないということですので、賃料減額をしたために売上げが下がるとか、既存客が離れて行ってしまうといったこともありません。

そう、交渉による賃料削減は、会社が一切のリスクを負うことなく固定費を削減することができる、経営陣にとってとても嬉しい経費削減手法なのです。

TITLE