これまでの賃料削減方法

会社の利益を伸ばすためには、売り上げを上げる一方で会社の経費を削減していく必要があります。
いくら入ってくるお金が多くなっても、出ていくお金が多いままではいつまでたっても利益が上がらないからです。
そしてそのために有効な手段に、賃料削減という方法があります。
賃料は売上に関わらず毎月かかってくるものですので、少しでも安く抑えたいというのが経営者の本音でしょう。

しかし我が国においては、「賃料の交渉などするだけ無駄」という認識が一般的であったため、賃料を削減するためにはオフィスを移転するしかない、というのがこれまでの常識でした。
確かに現テナントよりも安い賃料のテナントに引っ越しをすれば、毎月の固定費自体を安く抑えることは可能です。
ただしオフィスを移転するためには原状回復費用や引っ越し費用等、別の経費が発生してしまうため、経費を削減するためにオフィス移転をしたはずが、逆に経費が増えてしまった、などというケースもあるのです。
これでは何のためにオフィスを移転したのかわからなくなってしまいますよね。

そう、賃料削減のためにオフィス移転をするという考えは、ごく一部の場合を除いて非常にナンセンスであると言わざるを得ないのです。

TITLE