東京オリンピック開催で賃料減額交渉が困難に!?

先日、2020年に東京でオリンピックが開催されることが決定しました。
そしてこのオリンピック開催決定を受け、都内湾岸エリアの不動産市場では、様々な変化が起きています。
湾岸エリアにある不動産の人気が急上昇し、驚異的なスピードで売却が進んでいるのです。

そして人気が上がっているということは当然地価や賃貸物件の賃料も跳ね上がっていくということですので、湾岸エリアの物件を賃借している方にとっては、これまで以上に賃料削減のための交渉をするのが難しくなっていくことが予想されます。
実際、これまでは利用価値がないとされていた土地であっても開発され、多くの出店希望が集まっているのだそうです。

小売店や飲食店といった集客が必要となってくる業種の場合、これから多くの人が集まることが予想される湾岸エリアに店舗を出店したいと願うのは当然といえば当然でしょう。

東京オリンピック開催直前になるとこういった傾向はある程度は落ち着いてくるでしょうが、それでも賃料が上昇するというこの傾向が変わることはないことが予想されます。
現在湾岸エリアで事務所やテナントを賃借しており、賃料削減について検討しているという方は、少しでも早く何らかの対策を講じることをおすすめします。

TITLE