東京オリンピックの影響で中古物件の価値が上昇

2020年に開催されることが決定した東京オリンピック・パラリンピックの影響で、湾岸エリアの不動産価格が急上昇している、ということについては既に皆様ご存知かと思います。
しかし実は、その価格が急上昇しているのは湾岸エリアだけではありません。
湾岸エリアの不動産価格が上がった影響により、その周辺の不動産価格までもが値上がりを見せ始め、今では都内全域において不動産価格が上昇する傾向にあるのです。

こうなってくると困るのが、テナントや事務所を借りている方々です。
というのも東京オリンピック開催決定を受けた不動産価格の上昇を受け、賃料減額交渉を進めることが困難になってしまったのです。
特に湾岸エリアに関しては、この地域の物件を借りたいという会社が沢山あらわれることが予想されますので、物件オーナーとしてもわざわざ賃料を減額するくらいならば新しい借手を見つけたほうが得策である、といったところなのでしょう。

こういった事情があって、都内中心部では現在、徐々に賃料減額交渉が困難になる傾向にあります。
現在賃料削減をご検討中の方で、移転ではなく現在借りている物件の賃料値下げを検討されている方は、早目に交渉を開始されることをおすすめします。

TITLE