購入データ分析によって経費を削減

会社の利益を増やすためには、収入を増やしつつ、支出を減らすことが重要になってきます。
そして会社の経費を削減するためには賃料削減等を検討することが必要になってくるのですが、これら以外にも検討すべき点があります。
それが、会社の支出、つまり経費の中でかなり大きなウエイトを占めている、原材料の購入費用です。

ただ、経費を削減するためだからといって安易に原材料の仕入れコストを下げようとするのは考え物です。
あまりに無理のあるコスト削減をしてしまうと当然原材料の品質が下がり、それによって会社の商品の品質、さらにはその信用までが下がってしまうことがあるからです。

そこでおすすめしたいのが、購入データを分析するという方法です。
特に社内に複数の部署がありそれぞれがバラバラに仕入れ等を行っている場合、その購入データは膨大なものになってしまいます。

しかしこの膨大なデータには、コスト削減のための重要な手掛かりが隠されていることが多いのです。
購入データを分析し仕入れを一本化したり単価を見直したりすることによって、原材料の品質を下げることなくその仕入れコストだけを引き下げることができる場合があるからです。

また購入データの分析を外部に依頼することは、第三者の視点によって社内のお金の動きをチェック、つまり監査することにもつながります。

まさに一石二鳥ともいえる購入データの分析、経費削減の一手段としてご検討されてみてはいかがでしょうか。

TITLE