賃料減額交渉に必要な準備

賃料削減をするために物件オーナーとの交渉をする場合、何の準備もせずいきなり「賃料を安くしてください」とお願いするのはあまりに無謀と言わざるを得ません。
契約書を交わしてその支払いを約束した賃料を引き下げてもらうためには、ある程度の下準備をしたうえで交渉を開始する必要があります。

では、賃料減額交渉の下準備とは具体的にどのようなことをすればいいのでしょうか。

賃料減額交渉の下準備としてはまず、情報収集をする必要があります。
この「情報」とは、周辺の建物の賃料や公示地価、路線価や物件周辺の交通量等のことを言います。
これらの情報を収集しておくことによって、「現在の賃料は公示地価や周辺賃料と比較して高いため、減額してください」といった具合に交渉を進めることができるからです。

そして情報収集をした後は、賃料減額交渉を開始するための申込書を作成する必要があります。
もちろん口頭で交渉をしてもかまわないのですが、書面を交わしておけば後々「言った、言わない」の争いになることもないため、申込書を送付することによって交渉をすることをおすすめします。

ただし物件オーナーの人間性や性格によっては直接交渉をしたほうがいい場合もありますので、その辺は交渉を開始する前にしっかりと見極めておきましょう。

TITLE