賃料減額交渉のメリット

一昔前の賃貸借市場においては、「賃料」というと上がることはあっても下がることはない、というのが常識でした。
しかし時代は変化し、現在は物件オーナーとの間で賃料減額交渉が当たり前のように行われています。

では、賃料減額交渉をすることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、賃料減額交渉のメリットについてご紹介させていただきます。

賃料減額交渉のメリットしてはまず、経費削減をすることができるという点が挙げられます。
会社経営において賃料は、人件費や原価に次いで大きなウエイトを占める支出となっています。
この点、賃料減額交渉に成功すれば毎月の賃料を減らすことができるため、その減額された分に関して毎月の経費を削減することができるというわけです。

また賃料減額交渉のメリットとしては他にも、リスクを最小限に抑えて経費削減をすることができるという点が挙げられます。
例えば経費の費目のうち人件費を削減しようとする場合、給料引き下げやリストラをするしかありません。
そうすると社員の経営陣に対する求心力は確実に落ちてしまいますし、そういった話が外部に漏れれば会社の信用を損なうことにもなりかねません。
この点、賃料減額請求をして賃料削減をすることができれば、上記のようなリスクを冒すことなく経費削減をすることができるのです。

TITLE