賃料減額請求がしやすくなった現代の賃貸借市場

一昔前までは、賃料というのは一度決めてしまうとその減額請求をすることができない、たとえ交渉をしたとしても失敗に終わってしまうことが多いというのが常識でした。
しかし現代は、賃料の減額交渉をしやすい時代になってきています。では、どうして現代の賃貸借市場では賃料減額交渉がしやすくなったのでしょうか。

その理由としてはまず、賃料減額請求に対する、オーナー側の抵抗感や嫌悪感が薄れてきたという点が挙げられます。貸手至上主義であった時代から一転、大手企業等による賃料減額訴訟が増えたことや、高い賃料のままでは借り手がつかなくなったという時代背景もあって、オーナー側としても、賃料減額交渉をされることがいわば「想定の範囲内」となってきたのです。

またこの他にも、最近では積極的に賃料の減額をすることによって借主をつなぎとめておこうとするオーナーも増えてきています。例えば毎月20万円の賃料を18万円に減額した場合、オーナーとしては年間24万円の損失となりますが、賃料を理由に契約者が退去してしまうと、年間240万円の収益がゼロになってしまいます。
つまり、多少賃料を下げてでも物件を借り続けてもらった方がオーナーとしても得というわけですね。

以上のように現代の賃貸借市場は賃料減額交渉がしやすくなっておりますので、会社の経費削減をご検討中の方は、その経費削減方法の一つとして賃料減額を検討されてみてはいかがでしょうか。

TITLE