賃料減額請求が成功する物件の特徴

時代の変化とともに、賃貸借市場の内情も大きく変化してきました。
一昔前までは「減額」はありえなかった賃料も、現在では比較的スムーズにその減額交渉を進めることができるようになっています。

しかし、いくら賃料減額交渉をできるようになってきたからといって、どのような物件であっても100パーセントその交渉が成立するというわけではありません。
では、賃料減額交渉が成功しやすい物件とは一体どのようなものなのでしょうか。

賃料減額交渉が成功しやすい物件の特徴としては、

・入居から10年以上経過している物件
・周辺の賃料と比較して賃料が高めに設定されている物件
・区画整理や道路工事等の影響によって入居当初よりも交通量が減った物件
・物件オーナーとの関係が良好である物件

等が挙げられます。
こういった物件の場合、周辺建物の賃料相場や建物の老朽化等を指摘することによって、賃料減額交渉をスムーズに進めることができることが多いのです。
また賃料減額交渉も最終的には人と人との対話によって成立するものですので、物件オーナーとの関係が良好である場合にはやはり、スムーズに交渉を進めることができます。

TITLE